低反発と高反発の違い|綺麗な髪を取り戻したいなら湯シャンで髪と頭皮をやさしくケア

綺麗な髪を取り戻したいなら湯シャンで髪と頭皮をやさしくケア

低反発と高反発の違い

寝る人

低反発と高反発のメリット

理想の枕で寝ると深く眠れるようになりますし、肩や腰のコリを緩和することができます。寝ている時間は長いので、寝具が身体に与える影響は侮ることができません。理想の枕に変えて寝るだけで良いので、健康、美容対策としても手軽で取り入れやすいのが魅力です。最近は特に低反発と高反発タイプの枕が理想の枕として人気があります。低反発と高反発のどちらが自分にとって理想の枕なのか迷っている方もいらっしゃるはずですが、特徴に合わせて選びましょう。低反発枕は首のコリやしわに悩む方にとって、理想の枕と言われます。柔らかいので頭が沈み込んでフィットするため、首にほとんど負担がかかりません。一方、近年急増中のストレートネックにお悩みなら、長時間同じ姿勢でいるのは良くないので深く沈み込み過ぎない高反発枕がぴったりです。

マットと揃えなくてOK

低反発と高反発のどちらが理想の枕なのか、現在抱えているお悩みによっても違います。ただ、枕とマットのタイプは必ずしも合わせなくも大丈夫なので、マットはマットで選んで構いません。枕が低反発、マットが高反発の組み合わせでも全然大丈夫です。低反発マットは身体が深く沈むので、包まれるようなフィット感を味わうことができます。横向きで寝る時も姿勢が安定しやすいので、腰痛対策にも最適です。一方、高反発マットは弾力が強いので、低反発ほど身体が深く沈み込むことはありません。そのため、寝返りがスムーズに打ちやすく、身体の負担が分散しやすいのが特徴です。あまりにも寝返りを打つ回数が少ないせいで腰を痛めている方は、高反発タイプのマットを選ぶと腰痛の改善に繋がります。